絶対話せる!英会話

ミッドタームが終わって考えること。

この記事は3分で読めます

Midterm examsがやっと今日で終了。今日の試験は、あらかじめスタディガイドを渡されていたのだが、それ以外のかなり細かい部分も含まれていたので、試験中かなり焦ることになった。何せここ最近はスタディガイドの部分だけを勉強していたので…。却ってスタディガイドがなかった方が良かったかもしれない。そう言えば昨日の試験も細かかった。あんなに沢山物事を暗記したのは久しぶりだった。ま、どちらも興味のある科目だったので、勉強は楽しかったけれども、試験の出来はあまりよくないかもしれない。ま、過ぎたことは忘れよう。

この間始まったばかりのクォーターなのだが、気がついたらもう6週目も終わり。残りあと4週である。これからは3科目全てにペーパーやレポート書きをしないといけなくなるので、今までののんびりした生活を抜け出さないと。

先週の水曜日には、既に来学期と夏学期のスケジュールも出揃い、私は来週の火曜日からPriority Registrationが始まる。2科目は既に決まっているのだが、他の1,2科目についてはまだ考えを決めていない。取りたいクラスは2つあるのだが、そのうちの一つはファイナル試験日が既に決めてある科目の試験日と重なるのだ。ファイナル一つ終えて、その30分後にまたファイナル開始となってしまうと、果たして3時間の試験を終えた後、更に3時間の試験に挑む集中力が持続できるのだろうか、私の場合?しかも教室の移動を考えると、走らないといけなくなるのは必至だ。今朝の試験ですら、昨日夕方に引き続きの試験であったため、何となく上手く勉強時間配分ができなかったことを考えると、やはりこれは止めておいた方がいいだろう。

それにしても今回取らないと、次はいつその授業が取れるのか分からない(あるいは卒業まで一回もオファーされないかもしれない)授業たち。どれを切り捨てるべきか、どれを取るべきか、とても悩むところだ。なぜなら今回に限って、取れる授業が沢山あるのだ。前にも書いたかもしれないが、私のメジャーはいろいろなメジャーの寄せ集めなので(Anthropology, Geography, Economics, History, Political Science, Asian Studies, and so on…)そのメジャーのその科目がいつもオファーされているわけではないのだ。そう考えると、なかなか簡単に授業も決められない。しかし先週出揃った時点で、全ての取りたい科目の曜日、試験日、内容などをチェックしておいたので(試験勉強そっちのけで調べていた。)これから比較するのは、それほど難しくはないのだが。

最近思うのは、私のメジャーについて…。興味のあることばかりで勉強は楽しいのだが、実践的なことを何も学んでいないことに少し不満を感じてきた。(ま、文系科目は大抵の場合、実践的なことは何も学ばないと思うが。)いくら発展途上国の経済を勉強しようが、それって頭でっかちになるだけで、それが何?って感じだよな…、と考えるようになってきた。何かもっと専門的なことを学べるマイナーを加えておくべきだったかもしれない。実は今学期の最初にそういうことを思い、興味がある方向のマイナーを加えようとしたのだが、そうするとこれから7科目取らなければいけないことがわかった。しかも代わりの授業がない7科目(選択する余地のないという意味)。7科目増やすことは可能ではあるのだが、もし一つでもオファーされない授業があった場合、2009年の6月に卒業ができなくなってしまう。しかもUndergraduateではオファーされていないメジャーのため(つまりGraduateの授業のみ)、選考試験がある。これはパスできるとは思うのだが、あと6クォーターしか残されていないため、取れない科目が出てきてしまう可能性が高い。そのため諦めた。

トランスファーをすると、卒業はすぐだと思った方がいい。4年間その大学で過ごすのなら、夏休みはStudy & Abroad (外国で授業を取るプログラム)やインターンやボランティアなどいろいろできるだろうが、トランスファーした場合、夏休みはたった1度である。メジャー選択ももちろんだが、もしマイナーで何かを加えようとしている場合、トランスファー前から考え始めないと、私のように希望しても終わらないということになってしまうと思われる。あるいはトランスファーする夏から授業を取り始めるのもいいかもしれない。マイナーが全くメジャー科目と重ならない分野である場合、準備科目もまるで異なってくる。もしマイナーを考えている人がいるのなら、それはトランスファー前からしっかりと考えていた方がいい。ダブルメジャー、マイナーを考えている人は、それらのRequisite科目もできる限りトランスファー前に終わらせておくべきだろう。

私のようにPreparation科目も終わっていない、GEすら終わっていないとなると、トランスファー後に取らなければいけない科目が増えてしまうだけである。私の場合、他の学校が第一希望だったため、そちらのGE requirementに合わせていた。そのため一般的なGEが終わらなかった。(実は今の学校へ願書も出したのも、試しにリストに加えてみただけだった。GEが終わっていないのだから、絶対に受かるわけがないと思っていた。)それでもGEやPreparation科目が終わってなくても幸い合格したのだが、絶対にGEはトランスファー前に終わらせておいた方がいいと思う。メジャーで取れる科目が増えた方がもっと楽しいに決まっているからだ。

それでも私のメジャーは必須科目が少なく、そして外国人は第二外国語も免除のため(アメリカ人はレベル6まで取らないといけない。これはコミカレのレベル4。)まだ私は少しの遊びの部分が残されている。実はその遊びの部分で、一つ考えているマイナーもあったりする。それは私のメジャーとも重なる科目が何科目かあるので、こちらは頑張れば卒業までに終わりに出来そうだ。ま、実践的なことを学ぶという点からはあまり期待できないが、知っておいて無駄はない知識だろうと思われるので、来週にでもカウンセラーと会い、また相談してみようと思っている。(実はこの件では一度先学期にもカウンセラーと会っているのだが、そのときはメジャー科目全てを終わらせることを先に考えなさい、と言われたのだった。)いろいろと考えなければいけないことにそろそろ着手しないと。

まずは火曜日の授業登録までに何の科目を取るか、しっかりと決めないと。(いや、決めたからと言って取れる保障はないのが、私の学校なのだけれど。)それから夏の予定も考えないと。来週はキャリアセンターへ行って来よう。

それほど真剣に勉強していたわけではないが、Midtermが終わるまで何となく先延ばしにしていたのだった。

さ、バイトから帰ってきたら、始動しよう。

あわせて読みたい

  1. テキスト、面白いぞ。

    2005年8月23日0:00

  2. 外国の本を読む前に。

    2005年8月3日0:00

  3. とても退屈な授業。

    2008年7月23日1:36

  4. So far, so good.

    2007年11月4日5:41

  5. 来学期のスケジュール。

    2007年1月21日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!