絶対話せる!英会話

Deewar。

この記事は1分で読めます

今取っているインド史の授業は、1947年独立以降の歴史なので、実は歴史の授業というよりはポリサイに近い。いつもは政治や紛争に焦点が当たっているのだが、今週はインドの文化が取り上げられている。そして明日の授業までに映画を見ていくことになっている。

最初は学校の図書館のVPNで見ていたのだが、使い勝手が悪かったので、You Tubeで探してみたら、なんとあった。178分にも及ぶ映画なので、17回に分割されていたが、一つ終わると、自動的に次が始まるので、とても見やすかった。その映画は「Deewar」という。何でも未だにインド映画(Hindi film)を代表する作品らしい。

そんなに長い映画を見るのは、かったるいな、と思ったのだが、一度見始めたら、最後まで一気に見てしまった。最初はまるで日本の時代劇のような展開で話は始まる。悪代官のやることは(映画では代官ではないが)、世界共通だ。そして途中からは70年代の日本の警察ドラマや映画を思い出させるどんよりとした世界が広がっていく。決して楽しい話ではないが、面白かった。昔のドラマを懐かしいと思って見ることができる人にはお勧めする。
   
教授曰く、今インドではこういうシリアスな映画や、アートな映画は、一般大衆向けではなく、海外向けだとのこと。そう言えば少し前に、インド映画は、なぜか日本でブームになったことがあったな。ただ団体で歌って踊っているような映画。今日見たこの映画も、途中で歌を歌っているシーンがあった。シリアスな映画でも、歌はインド人にとって映画から切り離せないものなのかもしれない。

昔のドラマの雰囲気を懐かしく思い出したい人は、以下からどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=gBWlxIq2B5U&feature=PlayList&p=E80904CC2464CF15&index=0

あわせて読みたい

  1. どうにか、こうにか。

    2005年7月12日0:00

  2. 半分、終わったー。

    2005年4月10日0:00

  3. よくわからん。

    2008年10月8日12:30

  4. あー、すっきり。

    2009年3月19日8:06

  5. 授業が全て終了。

    2008年6月7日4:22

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!