絶対話せる!英会話

「いや、あんまり。」と英語で言ってみる。

この記事は4分で読めます

本日も我が家の会話から

英語を紹介したいと思います。

インフォーマルな表現ですが、

お役立ち度は高いです。

それはなんてことはない単語二言です。

 

それでも私は昔TOEIC900あっても、

日本にいた頃は、こういう簡単な表現を

使いこなせていませんでした。

英語で「いや、あんまり。」

我が家のネイティブキッドとの会話です。

カリフォルニアの小学生は

一人での行動を許されていないので、

子供のことは毎日学校へ迎えに行きます。

帰って来て、「お腹空いた?」 と聞くと、

「いや、あんまり。」 という答えが時々返ってきます。

 

この 「いや、そんなでもない。」

「いや、あんまり。」 を英語で言うと、

こうなります。

 

★ Are you hungry?

Not really.

 

簡単ですね。「No.」 と言うと、

何だかキッパリと否定をする感じですが、

「Not really.」 と言うと、

少し曖昧さが含まれ

口調がやわらかくなる感じです。

 

日本語で考えてみても、それはわかります。

 

・これ、好きですか?

・「いいえ。」

こう言うと、口調が強くないですか?

 

日本語でも、「いいえ。」「いや。」と言うより、

「ううん、あんまり。」

「いいえ、そうでもないです。」

と言いますよね。それと同じです。

 

 

これは、家族や友人、同僚との会話でよく登場します。

私のアメリカ生活で、毎日どこかしらで

聞いているような気がします。

 

映画に行って来た後、友達に

「映画、面白かった?(映画を楽しんだ?)」

と聞かれたので、「いや、あんまり。」 と答えます。

 

★ Did you enjoy the movie?

Not really.

 

「今夜出掛けたい?」 「うーん、あんまり。」

 

★ Do you want to go out tonight?

Not really.

 

「寿司食べたい?」 「いや、あまり。」

 

★ Do you want to eat sushi?

No, not really.

 

「彼女のこと好き?」

「いや、そういうわけでもない。」

 

★ Do you like her?

Not really.

 

というわけで、これは基本的に日本語の

「いや、あんまり。」 と同じように使えます。

「No.」 の柔らかいバージョンなので

大変便利な表現です。しかし、一方で

白黒がはっきりしていることには使えません。

 

たとえば 「彼は遅刻したの?」 と聞かれたら、

答えは 「遅刻したか、してないか」

しかないわけです。そういう風に答えが

ハッキリしていることには、使いません。

 

これも日本語で考えてみればわかると思います。

「遅刻したの?」「いや、あんまり。」

これでは何が言いたいのかわかりません。

 

not really – 文の中で部分否定

この使い方に慣れておくと、

これを文章の中に入れても、

以下の文の違いがわかるようになります。

 

(1) I don’t really like him.

(2) I really don’t like him.

 

この2文、意味が違います。

not」 が 「really」

前に来るか、後ろに来るかで、

意味合いが変わってしまいます。

つまり 「really」 の場所が、

文の意味自体を変えてしまうということです。

たった一語なのに。

 

(1) の方は、「Not really.」 と

少し曖昧さを出す上の表現が

そのまま使われていると考えれば

いいと思います。

「あまり彼のことは好きではない。」

と言う意味になります。

 

これで、I don’t like him. よりは、

キツくなくなります。というわけで、

これも部分否定として考えられます。

 

一方、(2) の方は、

「彼のことは本当に好きじゃないの。」 と

「彼のことを好きでない」 を

強調する言い方になります。

 

どうしてそういう意味の違いが

出てきてしまうかと言うと、こういう風に

それぞれ修飾するところが違うからです。

 

(1) I don’t really like him.

not」 → 「really like him」

否定」→「彼のことを『本当に』好き」

 

つまり、「彼のことを『本当に』好き」 を

not で否定しているから

→「彼のことはそんなに好きというわけでもない。あまり好きではない。」

 

図にすると、こんな感じです。

 

(2) I really don’t like him.

really」→「not like him.」

本当に」→「彼のことを好きではない

 

「彼のことを 『好きではない』」 を

really で強調しているから

→「彼のことは、本当に好きではない。」

 

この文では、「really」は否定されてなくて、

「really」 は、その後ろの部分を

強調している形になっています。

 

これらは文の中で見ると、

よくわからなくなってしまいがちなのですが、

本日のたった二言のフレーズである

Not really.

「いや、あんまり。そういうわけでもない。」

を覚えておくと、そのまま同じニュアンスなので、

これから先もう迷わなくなると思います。

 

そういわけで、

Not really.」 「いや、あんまり。」 を

今日中に覚えてしまってください。

 

not really の例

最後に、「not really」 を使った文を

いくつか紹介しておきます。

 

◆ 政治の話になり、どう思う?と

聞かれましたが、興味がないので、

「あまり政治には興味がないんだ。」 と答えます。

★ I’m not really interested in politics.

 

◆ 「最近、それを聞いて驚いた。」

という友達ですが、自分はあまり

驚いていないので、こう伝えます。

★ I’m not really surprised.

 

他にも、そんなに大した問題ではない。

★ It doesn’t really matter.

 

それはそんなに難しいというわけではない。

★ It’s not really that hard.

 

というようにいろいろと使えます。

 

私がどうやって29歳から英語を勉強し直し、

今に至ったのかの勉強法については、

こちらのPDFにまとめています。

040t

★ 「英語を使えるようになるための学習法」無料プレゼント

 

ダウンロード

ダウンロードはこちらから

 

記事が楽しめましたら、クリックして、応援していただけますと、嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

★ iPhone & アンドロイド無料アプリ

絶対話せる!英会話。アメリカから英会話&英語攻略法をお届け。

絶対話せる!英会話。(無料)
アメリカから英会話
&英語攻略法をお届け。

あわせて読みたい

  1. 丁寧なお願いの仕方 (#484)

    2016年4月28日7:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP