絶対話せる!英会話

134. 数えられる「時間」?

この記事は3分で読めます

今日は期間を表す「time」に
注目です。これは、少しややこしくて、

・数えられる期間「time」と、
・数えられない期間「time」があります。

普通は時間って数えられないですよね。
例えば、

★ Time flies.
(時間が経つのは速い。)

★ What a waste of time!
(何て時間のムダなのかしら!)

★ Do you have time to do this?
(これをする時間はある?)

これらの例は、具体的な期間を指しているのではなく、
抽象的な時間を表しています。
ある程度の一定期間の時間を表すものの、
いつからいつまでのことを表しているのかは、
よく分かりません。

こういう場合、「time」は数えません。

134.atime

 

でも「a time」と、
「a」がついてしまう場合もあるのです。

例を見てみましょう。

◆ 同窓会へ行きました。久しぶりに会った友達は、
何だか大きくなっていました。^^
「おいおい、どうしたの?」と聞くよりも先に、
彼は言い訳を始めました。

「サッカーしていたときに、ケガをしちゃって。
で、治るのに長いことかかったんだよ。その間、
何も運動が出来なくってさ。そしたら太っちゃったんだ。」

この最初の二文を英語にすると、こんな感じです。

★ I got injured when I was playing football.

★ And it took me  a long time to heal
and wasn’t able to do any exercise.

ここで「a long time」と、数えられる時間が出てきました。
何で「a time」になってしまったのでしょう?

実は、あなたが何かをする(した)時間、
何かが起きた一定期間、つまり特定の時間を指すとき、
「time」は数えられてしまうのです。

上の例は、「ケガが治るための時間が、
私にかかった」と直訳できますね。
「ケガが治るための時間」は、
特定の期間ですね。

抽象的な漠然とした時間ではなくて、
何かがその間に起きていた時間・期間になります。
すると、この場合は「a」付きの「time」になってしまうのです。

また経験を表すような時間もそうです。
経験した時間は、「何かをした時間」ですから。

◆ 週末に、あなたはパーティへ行きました。
そして月曜日の朝、学校の前で友達に会ったところ、
彼女に「パーティは楽しかった?」と聞かれました。

これは、

★ Did you have a good time at the party?

直訳すると、「パーティでは楽しい時間を持ちました?」。
「パーティは楽しかったですか?」という意味です。
「パーティでの経験した(過ごした)時間」は、
特定の時間ですね。ですので、「a」付きの「time」になります。

少しややこしいとは思いますが、
頭の中でイメージしてください。
「ケガが治るのにかかった時間」
「パーティで楽しんだ時間」、
これらは自分の頭の中で特定のできる期間ですね。

こういう場合には、「a」がつくんだ、とイメージしてください。
そうしながら、音読してみてください。
すると、何となく感覚が掴めるようになります。

 

★ 「time」に関しては、続きになっています。

[1] 「The time」 と 「Time」 の違い。
[2]  ニュアンスの違う時刻の聞き方。
[3] 「今回は違うのよ。」
[4] 「next time」 と 「the next time」。
[5] 「every time」の2つの意味。
[6]  皇太子も時間切れ。
[7]  数えられる「時間」。 ( ↑ この記事です。)

 

★ 私の無料メール講座【使える英語学び塾】では、
こういう風によく使う表現、また英語を話すのに
欠かせない英文法を、どうしてその表現を使うのかの
ネイティブ感覚を伝えながら解説しています。

更には似た単語の使い分け、また、
私が実際にやってみて効果のあった英語勉強法など、
私が日本で英語を勉強していたときに
「まさにそれが知りたかった」という情報を、
メール講座ではお届けしています。

ぜひこちらから登録してみてください

★ この記事は、私の無料iPhone英会話アプリと同じ内容です。

本日の記事が楽しめましたら、下のアイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

あわせて読みたい

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!