絶対話せる!英会話

どうなっているのだか。

この記事は3分で読めます

今日はネットの修理に人が現れる予定だった。午前中、確認の電話をしたときも、2:00から7:00の間に来ると言っていた。しかーし、ここはアメリカ。案の定、奴等は現れなかった。

先週の金曜日、カスタマーサービスの指示のもと、私はセットアップをし直した。すると、3日ほどつながらなかったネットワークが復活した。しかしその30分後にまたつながらなくなり、結局今日のアポとなったのだった。セットアップをし直すと、しばらくはつながるのだが、またしばらくするとつながらなくなるというのは、今度で二回目。ネットに詳しい人にも見てもらったのだが、結局は設定などの問題ではないらしい。

先週の木曜日にはスタッフが家に来たにも関わらず、つながらないままにして帰って行ってしまった。(私はそのとき家にいなかった。私なら、理由が何であれ修理してもらうまで帰すなんてことはしない。) そしてそのままネットは使えず(火曜日から)、金曜日に自分でセットアップをし直した後、1時間だけ使えた。しかしグループワークの宿題のためにどうしてもネットを利用する必要があったので、その晩は友人宅へ移動した。学生はネットを使えないと致命的である。

その後、金曜の夜中にまたカスタマーサービスへ電話をし、今日のアポを取った。その後私は今日の午後(月曜)まで家へ帰らなかった。ところが家へ帰宅してみると、なんとネットがつながるようになっていた。ルームメイトに確認してみたところ、金曜日の夜は使えなかったが、土曜日からは使えるようになったとのこと。それにしても、この10日間、使えたり使えなかったり。しかもなぜかシグナルが「Low」でスピードが遅い。

修理の人が来たら、例え今がつながっているとしても、「思っていたよりもひどいサービスなんだけれど。」と伝えようと思っていたのに、結局電話もかけてこないまま、今日という日は終わった。ま、今はとりあえずつながっているので(スピードは相変わらず遅いが)、もうカスタマーサービスへ電話をする気はない。それにしてもこの1週間、このネットの接続のために、どれほどの時間を無駄にさせらられたことか。カスタマーサービスへの電話は、アメリカで実際にかけたことのある人は分かるだろうが、それは待たされる。そして人が変わるたびに(なぜか部署を転々とトランスファーされるのだ)、また一から同じ説明をしないとならない。更に一回の電話で用が足りればいいのだが、今日のように約束をすっぽかされたりすると、また同じ作業を何度も繰り返さないとならない。

大抵会社の評判に関わることは、一般の人はブログでも伏字にするようだが、私は敢えて他の人が私と同じような満足できないサービスを受けないためにも、会社名を公表したい。このブログを読んでいる方で、もしケーブルTVのサービスを契約する人がいたら、「友人がこういうひどい目にあったのだけれど、大丈夫か?」と、ぜひ契約前に確認してもらいたい。もちろんそれでもきっと同じような目に遭う人はいるとは思うのだが、最初に確認しておけば、何かがあったときにそれだけ強く言えるというものだ。

私たちが契約したのは(私ではなく、私がこの部屋に入る前に、ルームメイトが契約したのだが、サービスは私の入居と同時に始まった)、Time Warnerのケーブルサービスである。別にアメリカの会社などどこもサービスのひどさではあまり大差がないとは思うが(日本人の感覚からすると外国のサービスはどこもひどく感じるのが普通なため)、10日近くも契約したばかりのネットがほとんど使えないというのはどうかと思う。そして来ると言っていたアポをすっぽかされたのは、今日で二度目。おーい。

忙しいのはわかるが、ずっと待っている客に電話するくらいはできるのではないだろうか。しかも今日の予約は元々は朝10時から夜7時の間に来るというものだった。私が「冗談じゃない。そっちのサービスが悪くて、契約したことが守られていないから来て欲しいと言っているのに、何で私がその時間ずっと家にいないとならないのか!」と文句を言ったから午後2時から7時の時間帯になったのである。しかし連絡もないまま、すっぽかされた。もし私が朝10時から夜7時まで、そのためだけにずっと家にいたとしたら、おそらく激怒していただろうと思われる。

今はとりあえずつながっているのだが、何が起こって時々つながらなくなるのか、そしていつの間にか復活するのか、本当によく分からない。モデムの電源を抜いてみたり、PCを立ち上げなおしてみたり、設定をし直してみたり、いろいろやってもつながらないときはつながらない。しかしいつもいつの間にか復活するのである。

前回の予約(これもすっぽかされた)の前日(=つまり修理に来た日)には、問題は家の中ではなく、アパートのケーブルルームの問題だから、そこだけを修理しに来ると言っていたらしい。(ルームメイトの話。) そこはいつの間にか修理されたのだろうか?それとも今が一時的につながっているだけなのだろうか。何をどうしたか、どうなったかくらい、そしてどうして約束の時間に現れないのかくらい、説明してきてほしい。人を5時間拘束してすっぽかすのは失礼というものだろう。

とにかく、こんなに不安定なネット接続は私のネット人生初めてだ。私は電話はなくてもまるで問題がなく生きていけるが(私は実は電話はあまり必要がない)、ネットだけはつながっていないと困るのだ。しかもずっとつながらないのなら話は分かるが、時々つながらなくなったり、自然に復活したりする今回の状態は本当に困る。信号が届いていても、ネットに接続できなくなることもあるし、モデムは正常に作動しているように見えても、PCのネットワーク検索から時々消えてしまうこともある。(つまり信号自体が消えている。)ケーブルを直接つないでどうにか作業するときもあるが、ケーブルを直接PCに差し込んでもつながらなくなることもある。絶対に何かが不安定なのだと思われる。何もしないのに、つながらなかったりつながったりというのは、やはりどこかがおかしいのだと思うのだが、前回はメンテナンスの人が来ても直していってくれなかった。

しかし今はもうカスタマーサービスへ電話をかけるのも面倒だ。なので、このまましばらく様子を見てみようと思っている。が、今度つながらなくなったら、普段は最初は穏やかにカスタマーセンターへ電話をしている私も(最終的に強く出ることはあるが)、怒鳴るかもしれん。

それにしても先学期でなくてよかった。先学期はネットでの試験があった。試験中にネットがつながらなくなったら、本当に困っただろう。ま、それが起きなかっただけでも、このアメリカのいい加減なサービスの中では、有り難かったとでも思うべきなのかもしれない。

あわせて読みたい

  1. こ、腰が…。

    2005年3月24日0:00

  2. 車の保険。

    2008年1月23日13:45

  3. おいこら!

    2006年7月22日0:00

  4. 久しぶりの冷や冷や体験。

    2010年7月28日11:03

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!