絶対話せる!英会話

今日嬉しかったふたつのこと。

この記事は2分で読めます

一つ目。何てことはない冬の出来事。朝、車に乗ったら、窓ガラスにはりついた霜が、雪の結晶模様になっていてきれいだったこと。寒い朝、車に乗ることはなかったので、今まで気づかなかった。窓ガラスに雪の結晶のきれいな模様がぎっしり。

寒い、寒いと思う冬だけれど、こんなきれいな模様が見れると、こういう冬もいいな、と思う。澄んだしんとした冬の日の朝。日本を離れてしまうと、しばらくこういうことも味わえないな。

二つ目。ちょっと説明が必要。今日の私の所持金は500円だった。(これはいつものこと。私はお金を持ち歩かない人なのだ。)しかし、夜、上司のお誕生日でご飯に行くから行こうよと誘われ、9時に帰る予定で参加。(←明らかに払う意志はない。)しかーしなぜか30秒ほどの差で最終バスに乗り損なってしまった。

タクシー代はないし、「仕方ない、30分歩くか。」と思ったのだが、ふとカードは持っていることに気が付いた。一台目のタクシーに聞く。「カードは使えますか?」「使えないよ。」二台目のタクシーに聞く。「カードは使えますか?」「使えないよ。」そして三台目のタクシーに聞く。「カードは使えますか?」「使えないよ。でも山手交通のタクシーは使えるよ。上にね、山手って書いてあるから、ここで待っていれば来るよ。」と教えてもらった。ふと見ると、なぜか二代目のタクシーの窓が開いて、私を呼んだ。「お姉ちゃん、山手っていうタクシーはカードが使えるから。」

ありがとーね、おじさん。と思っていると、今度は三代目のタクシーの運転手さんが降りて、タクシーの待機場所を覘いてくれている。「山手タクシーいないねー。でもすぐ来るから。」と言ってくれた。

ありがとーね、おじさんたち。運転手さんの教えてくれたとおり、すぐにそのタクシーはやって来た。どうってことはないんだけれど、何気ない親切でちょっと嬉しくなった。

普段はかなり親父嫌いで(通勤電車のマナーの悪いおじさんと、歩きタバコをする男の人が嫌いで)かなり親父には手厳しい私だけれど、今日はおじさんたちの親切に少しにこにこさせていただいた。

何気ない当たり前の日常生活で、何気なーく嬉しかったこと。もう少しすると、この当たり前の日々が当たり前ではなくなってしまう。日本を去る前から日本へのホームシックを感じていたりして。

あと一月ちょっとで出発。残り少ない日々、大事に過ごそうっと。

あわせて読みたい

  1. 脳の退化。

    2009年3月6日13:21

  2. 驚いたこと。

    2008年12月23日8:41

  3. ハッとした瞬間。

    2005年11月3日0:00

  4. お店の立ち上げ。

    2009年12月4日5:32

  5. 歯の治療終了。

    2008年12月27日0:41

  6. TV。

    2009年1月27日3:40

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!