絶対話せる!英会話

春学期開始。

この記事は1分で読めます

本日から授業が始まった。どの授業もそうだが、初日は自己紹介とシラバスの説明だけで終わりになる。なぜなら教科書を購入していない学生も多いからだ。

今日の授業は3科目。
朝7時~9時半、Spanish 2。
朝10時半~12時、Geographyのラボ。
午後2時~3時半、Calculus。

Spanish2では過去のおさらいテストをネットで受けたのだが(5つ)、そのうち一つは零点だった…。だめだ、スペイン語、すっかり記憶から抜け落ちている…。相当復習しないといけないことだけ、よーく分かった。

Geographyのラボでは、Inchからcmへの変換、pintからLへの変換などをさせられた。こんなに違う単位があったのね、とあらためて気付く。何だかとても退屈そうな授業…。1単位なのに、週に3時間も拘束されるのは納得がいかない。

Calculusはなんと遅刻。一度家に戻りエッセイを書いていたら、開始時刻をすっかり勘違いしてしまった。しかし本日はシラバスの説明のみで終了。このクラスは知り合いが3人もいた。同僚のナイジェリア人、前のアパートのご近所さんで日本在住だった中国人、アムネスティのリーダーのアメリカ人。最初から知り合いがいると、何だか心強い。自己紹介の中で皆が自分のメジャーは何かをそれぞれ教授に伝えたのだが、ほとんどが理系メジャーか、ビジネスメジャーだった。そんな中で大丈夫だろうか、私。高校のときは文系だったし、しかも数学はずっと2。仕方ない、できる範囲で頑張ろう。

その他、Anthropologyのオンラインページをチェック。シラバスを一通り眺めて、教科書がもう一つ必要なことに気がついた。

さて、明日はAfrican American LiteratureとGeography。どんな授業か楽しみだ。

[10分後]
今何気なく冬学期のグレードをチェックしてみたところ、2科目とも「A」がもらえていた。やったー!実は今回の「A」は特に嬉しい。勉強自体に費やした時間はそれほど多くはなかったのだが、他にすることや頭の痛いことが沢山あったなかで、限られた勉強時間で取れた「A」だからだ。今晩は気持ちよく眠れそう。それでは、おやすみなさい。

あわせて読みたい

  1. それで楽しい?

    2007年9月7日7:35

  2. 雷、こわい。

    2005年8月12日0:00

  3. 細々とスペイン語。

    2005年11月7日0:00

  4. ちょうど真ん中?

    2011年2月28日8:43

  5. あと一月。

    2005年12月21日0:00

  6. 新しい仕事。

    2006年9月1日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!