絶対話せる!英会話

初回授業を全て終えて。

この記事は3分で読めます

さて昨日の夜は、Political science"American government"の授業だった。あれ?と思ったことが一つ。今度のクラスはひょっとしたら、全員アメリカ人かもしれない。前のクラスはメキシコ人も多かったけれど、この授業はほとんどの人が明らかな白人だ。アジア人は私一人。外見がアジア人やメキシコ人でも、アメリカ人という人は結構いるけれど、こんなに見事に白人だらけのクラスって初めてだ。別にどうってことないんだけれどね。

教授は前セメスターの経済の教授。今回も彼の選んだテキストは、mainstreamな内容のテキストではないらしい。テキストにそう書いてあった。つまりこの教授は仕組みや理論を教える人ではなく(それは生徒が各自テキスト読書で補い)、どこに問題があるのか、そしてそれを解決するためにはどのような方法が考えられるかを一人一人に考えさせる授業方針を持った人なのである。自分で考えるのが好きでない人には、全く会わない教授だろうと思う。常に問題意識を持ち、考え、その考えたアイディアをシェアする。この教授は学生にそれを要求する。

前学期とは私も全く別人のように図々しくなったので(それでもアメリカ人には及ばないが…)、隣の人と話し、メルアド&電話番号交換はしっかりするようになった。これはどの授業でも必ずすることにしている。自分が出席しそこなったりして聞き逃したことや宿題については、教授は二度と教えてくれないので、どの教授も「必ず情報をシェアできるクラスメートを各自持つこと」と必ず初回の授業で言う。ちなみに今朝英語の授業で、隣の席で自己紹介し合った女の子はすっごくかわいい18歳だ。昨日は彼氏ととてもいいバレンタインデーを過ごしたらしい。「ここでのバレンタインは何をするの?あまり知らないんだけれど。」と言ったら、目を丸くしてびっくりしていた。彼女はこの教授の授業を前にも取ったことがあるようで、「厳しいけれど、授業にきちんと参加し、宿題をこなしていれば、大丈夫。すっごくフレンドリーな教授よ。」と教えてくれた。しかし18歳か…。日本にいたら、まず知り合うことのない年代だ。この英語のクラス、なぜか美形の女の人が多い。いい目の保養になるな。

ENG-1Aは、College levelの英語クラスなので、どの程度のことが要求されるかはまだわからない。今日の授業では "The greatest productive force is human selfishness. — Robert Heinlein" についてどう思うか、ノートに書きなさいと言われ、10分ほど与えられた。とりあえずノートに1ページほど書き、その後は皆で意見交換をした。私は発言しなかったけれど。皆似たようなことを言っているに過ぎないし、私の意見も似たり寄ったりだ。つまりクラスメートはほとんど私と同レベルだ。圧倒されることは何もなさそうだ。授業が終わった後は、教授のところへ行き、「私は昨年ここに来たばかりで、今回初めてカレッジレベルの英語クラスを取ることになり、あまり自信がないのですが、授業についていくために何かアドバイスをいただけますか?」と伝えた。彼女は「このクラスの目的は一人一人の書く力を伸ばすこと。授業が終わったあと、ドラフトを持って来れば一緒にそれを見直すこともできるし、質問があればいつでも来なさい。」と言ってくれた。授業中の発言に関して、私が私の文化ではあまりそういうことはしなかったので慣れるのに時間が必要だと伝えたところ、「最初はグループ内で発言をするところから慣れていけばいい。私はそういう文化があることも知っているから、それは考慮するようにする。でも自分なりに努力してほしい。」と言われた。はい、努力します。

ということで、昨日から3つの授業の初回を終え、印象としては全クラス、特に問題もなくうまくやっていけそうだなと思っている。前セメスターのときに感じた不安感は、今回は全くない。それはなぜかというと大きな理由は3つあると思う。一つは「前セメスターで絶対に無理だと思ったことでも、どうにか終えられたという経験」、二つ目は「自分がしたことから満足のいく結果を得られたという自信」、三つ目は「以前は集中しないと聞こえてこなかった英語が、今は特にそういうことを意識しなくてもわかるようになりつつあるということ。」5ヶ月授業を受けただけの体験だが、人間意外に簡単に変われるものである。気持ちにゆとりができても、今回は時間が限られている。どこまでできるのか分からないが、とりあえずできる限りの努力は怠らないようにしようと思う。考えようによっては、授業は簡単だ。とにかく勉強すればいいだけなのだから。

さて、そうは言ったものの、しなければならないことが既に山積み。そしてオンラインクラスのWeb Pageも今日から見れるようになった。時間管理、これが今度のセメスターの全ての鍵を握るだろう。今朝は朝からいろいろとこなしたが、まだ午前10時50分。私は火曜と木曜は、授業が朝9時に終わる。一日が有効に使えそうだ。

さ、仕事の前に勉強スケジュール立てよう。

あわせて読みたい

  1. 今更ながらの失敗。

    2006年5月13日0:00

  2. ファイナル終了!

    2008年6月13日7:40

  3. うるさーい。

    2007年3月11日17:20

  4. Tutorさん、ありがとう。

    2005年3月2日0:00

  5. 明日はMidterm試験が2つ。

    2008年10月29日15:07

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!