絶対話せる!英会話

本代はケチらない。

この記事は2分で読めます

お金がないと毎度大騒ぎしておきながらも、
私は本代と勉強にかかる費用はケチらない。
そんな私が本日買ってきた本は2冊。

(1)理屈じゃ英語は話せない! と、
(2)こなれた英文を書く技術。
ついでにスペイン語講座の1月号とCDも買って来た。

なぜこの2冊を買ってきたかと言うと、
理由(1) 私はロクな英語が話せないから。

日常生活で分からないことを質問したり、
聞かれたことに答えたり、そういうことでは特に問題はない。
アパートで問題があっても対処はできるし、
学校で知りたい情報をゲットもできる。
そういう生活していくのに困らない程度の会話はできる。

ところが、もう一歩進んだことになると、かなり怪しい英語になる。
何かのトピックについて、グループディスカッションするときなど、
言いたいことが言えないことが多い。
私は日本にいても、元々自分の意見や考えをはっきりと言う方である。
そんな私がアメリカの授業中はおとなしい。
それは話す英語に自信がないから。

日本人なら誰でもアメリカの授業中の生徒の発言の多さには、
最初は驚くと思う。
しかし、皆がそんなに大したことを言っているわけではない。
なのに、そんな大したことさえも言えない。
かなりもどかしくて、悔しい思いをする。
そういうところを少しでも克服したいと思い、
確かに「理屈じゃ英語は話せない」と思い、中身を確認して買ってきた。

理由(2) 私は“自分が一番表現したいように”英語が書けないから。
(それほど)文法的に間違いがなく、
相手に誤解を与えない英文を日々書いてはいると思うのだが、
その文章が私が言いたかったことを一番いい方法で
表現できているかというと、かなり自信がない。
言い回しのニュアンスの違いはあいまいなときがあるし、
的確な言い回しや表現方法を知らないことも多い。

私は英語の勉強の中で、「英語を書く」というのが
一番目に見えて進歩しやすいと思っている。
翻訳講座などで勉強すれば、かなり短期間で
確実にステップアップできると思う。
私は英作文の勉強が一番好きだ。
ついでに言うと、英文法の勉強も好きである。
英作文と英文法は謎解きをするようでおもしろい。
しかし好きだからと言って名文が書けるわけではない。
私も「こなれた英文」書いてみたい!と思い、買ってきた。

両方とも少しずつ読んでみた。
とりあえずこの2冊と今やっている「English Network」の
リスニング&オーバーラッピング大特訓を、
これから渡米までの1ヶ月の英語学習のメインにしてみようと思う。

あれこれ買ってやらないのが、私のとても悪い癖だけれど、
このブログには私と同じようなお仲間が結構いらっしゃるようだ。
(安心してしまう。)
しかしこの2冊はやるぞ。本代はケチらない。
が、読まなきゃ、単なる無駄遣い。
勉強すれば、良いお買い物。

smart shopperになるためには元を取らなきゃ、やっぱり。
しっかり勉強しようっと。

あわせて読みたい

  1. 最近気が付いたこと。

    2010年4月10日11:11

  2. 今日の通勤タイム。

    2005年10月6日0:00

  3. 学んだこと。

    2005年9月21日0:00

  4. 最後の言葉に毎日うなる。

    2005年11月13日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!