絶対話せる!英会話

47.「Need」と「Want」の違いが分かりますか?

この記事は3分で読めます

手伝ってもらいたいことって、
日常生活でたくさんあります。
今日はそんなときに、相手に
お願いをする前に、話しかける方法です。

 

私のオフィスでは、よくこんな感じで
お願いされます。

 

◆ オフィスで仲のよい同僚があなたに
「ちょっと助けてほしいのだけれど。」と言いました。

☆ I need your help.

 

この後、同僚は「このグラフの作り方が分からない。
すぐに仕上げないとならないのだけれど、

どうやるの?」などと聞いてきます。

 

47.ineedyourhelp

 

言い方にもよりますが、

「need」が使われると、

あ、何やら私のことが必要なのだな、と思います。

 

◆ パーティの用意をしています。
もう間もなく開始時刻なのに、まだ準備中。
そこへ親友が現れました。
すかさずあなたは助けを求めます。

 

・ I need your help !

 

こういう場合は、「want」 ではなく「need」 を使います。

手伝ってほしいではなくて、もう時間がないので

あなたの手伝いが必要なのだけれど、になります。
というわけで、

「want」と「need」には、違いがあります。

 

ネットで面白いクイズを見つけたので、紹介します。

やってみてください。下線の部分には、
「want」か「need」を入れてください。
( ) の中はヒントです。

 

(1) 「want」と「need」は、
どちらの方が意味が強いでしょうか?

 

(2) We all _______ water to survive.
(生き残るために)

 

(3) I ______ pizza for dinner tonight.
(今晩の夕食のために)

 

(4) ‘_______’ expresses desire.
(強い望み)

 

(5) ‘_______’ expresses necessity.
(必要なこと)

 

分かりました?答えは以下のとおりです。

(1) need (2) need (3) want (4) want (5) need

 

「need」は、必要性。つまりその話し手にとって、
それは必要なことなのです。
ですので、「want」よりも意味は強いのです。

 

上の例ですと、水はどうしても必要なもの。
でも、夕食はピザでなくてもよいわけですし、
今日の夕食にピザがないと困るということはありません。
ですから(3)は、「want」になります。

 

最初の例、同僚が「I need your help.」と
言ったのは、その必要性からです。
自分一人ではできないので、
「助けて。手伝って。」と言っているのですね。
昨日の表現と合わせると、簡単にお願いができます。

 

・ I need your help.
Can you show me how to make a graph?

 

「ちょっと助けて。グラフの作り方を教えてくれない?」

「want」と「need」、

使い分けてください。

 

今に至ったのかの勉強法については、

こちらのPDFにまとめています。

040t

★ 「英語を使えるようになるための学習法」無料プレゼント

 

ダウンロード

ダウンロードはこちらから

 

記事が楽しめましたら、クリックして、応援していただけますと、嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

★ iPhone & アンドロイド無料アプリ

絶対話せる!英会話。アメリカから英会話&英語攻略法をお届け。

絶対話せる!英会話。(無料)
アメリカから英会話
&英語攻略法をお届け。

あわせて読みたい

  1. 42. クイズ・1 (7/2~7/19)

    2013年8月11日7:10

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!