絶対話せる!英会話

お気に入りの店。

この記事は2分で読めます

先日からとてもお気に入りの場所がある。それはThe Container Store。(http://www.containerstore.com/)名前の通り、コンテナー(容器)などのお店である。しかし単なるコンテナーだけを売っていると思ってはいけない。おぉ、こんなものアメリカでも売っていたんだ、と思われる物も沢山あるのだ。

小物入れ、洗濯かご、ハンガー、靴ケース、台所の収納用品、本棚、ファイル、クローゼットの中のオーガナイザー、とにかく私があぁ欲しいと思うものばかりなのだ。そう言えば日本の100円均一ショップでも小物入れが大好きな私。こういう収納グッズには目がないのかもしれない。

洗濯物を広げて干すことができるネット(セーターなどに使う)やU字フックなどアメリカの他のお店ではあまりお目にかからないものもここでは見つかる。最近見つけた一番の変な物は日本の雑誌をペタペタと周りに貼ったゴミ箱。その雑誌はどうも子育て雑誌だったようだ。「どうやって赤ちゃんに対応するか」「きれいな肌を保つためにはどうするか」といった特集記事が、ゴミ箱の外側一面に貼られているのだ。どう見ても変な品物だ。日本語が全く分からない人にだけOKの製品だろう。

私が何と言っても素晴らしいと思うのは、クローゼットの中の収納。あぁ私もこんな風にクローゼットの中を改造したいとつくづく思ってしまう。そして机の周りもパンフレットの様にできたらどんなに素敵だろう。

私はあまり部屋を飾ることにはそれほど興味がなかった。しかしアメリカに来て、アメリカ人の家のインテリアのセンスの良さに驚いた。アメリカ人って家の中を飾るのが本当に上手だ。私は整っていればいいと言う考えだったし、なおかつ贅沢に家具を揃える余裕もなかったので、いつも部屋全体のイメージのことなど考えずにもらったものを使い、安いものを買ってきた。しかしねぇ、部屋の中の家具の統一感のなさをそろそろどうにかしたいと思うようになってきた。

Container Storeの道具や小物はシンプルでどんな部屋にも合いそうな物が多い。お店の中にいると、「机の上に棚を作ってしまおうかな」「あ、あの扉の裏にもこういうものを付けたら便利かも」と空想が膨らむのだ。実は私の今のアパートの中はとてもきれいなのだ。真っ白い天井と壁、新しいフローリングの床。その中にいただいた家具、購入した家具がある。これらのものを合わせると、実はとても居心地のよい素敵な部屋ができあがりそうなのだ。問題は自分のセンスのなさだけなのである。どういう部屋にしたらいいのか、実はよく分からない。

なので私はContainer Storeへ部屋のイメージを掴みに通い、空想に胸を膨らませるのだ。Container Storeは、私がアメリカへ来てから間違いなく一番のお気に入りショップになった。あぁLAへ引っ越してよかった。次は家具屋へ行ってみよう。

あわせて読みたい

  1. ウィンカー完全手動化。

    2008年6月20日5:23

  2. Stand Up Take Action。

    2008年10月19日14:33

  3. お買い物と運転。

    2004年10月4日0:00

  4. LA探検。

    2007年8月19日16:44

  5. 楽しい日々。( Part III )

    2008年9月20日2:35

  6. 少しずつ調整中。

    2006年5月4日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!