絶対話せる!英会話

大統領選ディベート。

この記事は1分で読めます

CNNを見ても、MSNBCを見ても、さっきから同じニュースばかりなので、何事かと思ったら、どうもMcCainが金曜日のPresidential Debateを延期したいと言ったようだ。そしてそれをObamaが拒んだらしい。

何でもMcCainは、ブッシュ大統領が提案している$700ビリオンの企業への財政援助が議会を通過しそうもないので、ワシントンへ帰りこの銀行への立法を助けるために、大統領選挙のキャンペーンを一時中断したいらしい。それに対してObamaはディベートを延期するのを拒否したらしい。ディベートの会場となるミシシッピ大学もとりあえずそのまま予定通り事は進めるらしい。しかしもし、McCainが現れなかったら、どうするのだろう?Obamaが一人で演説をするとか?

それにしてもアメリカの金融業界の混乱は相当らしい。アメリカ政府と言えば、小さな政府で民間にできることは民間にさせる、という方向を常に目指していたと思ったのだが、今回はそうも言ってはいられないらしい。これほど不動産や金融業界が混乱しているのを、私は日本のバブル崩壊のとき以来目にしたことがない。

心配なのは、そういうことにはお金は使われるのだが、潘事務総長が言ったように、それぞれの国が海外のことよりも自国のことのみに意識を集中してしまいそうなことである。景気がよければ沢山援助もできる、だから国内の景気対策に集中すべきと考えるべきなのか、あるいは国内の景気を差し置いても海外援助をした方がいい、なぜなら発展途上国の生活のレベルは今すぐに助けを必要としているからと考えるべきなのか。しかし実際は余裕がないと援助は難しくなるのだろう。

それにしても、ニュースはずっと同じことばかり放送している。大統領選挙が大事なのは分かるが、ここまで同じ事をずっと朝から流し続けるべきなのだろうか。

あわせて読みたい

  1. ついに。

    2009年6月2日9:01

  2. 新しい部屋をゲット!

    2005年3月13日0:00

  3. ご褒美。

    2006年12月28日0:00

  4. 重い現実。

    2010年5月12日12:47

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!