絶対話せる!英会話

アメリカでも「あけましておめでとう」と言うの?

この記事は2分で読めます

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

 

日本の皆さんは、まだお正月気分だと思いますが、
アメリカでは、年が明けてすぐに、仕事も学校も始まります。
私も昨日、1月2日から仕事でした。

私がここ数年、年末年始に日本へ帰れないのは、このせいです。

つまりアメリカには、お正月休みというものはありません。
元旦は祝日になりますが、
その翌日からはまた日常生活に戻ります。
なので日本のようなお正月気分は、全く味わうことはできません。

 

アメリカでは、その代わりにクリスマス休暇があります。
多くのアメリカ人にとって、クリスマスは大事な日です。
家族があちこちから集まって一緒に過ごす、そういう日です。

日本ではクリスマスは、なぜかカップルと子供のためだけに
存在しているのような日ですが、
全くいつからそんな習慣になったのでしょうかね。
間違った文化の輸入ですね。

 

さて、タイトルにもありますように、
アメリカで「明けましておめでとう」は言うのか?

 

ID-10053388

 

はい、言います。

昨日は、会社のあちこちで、皆が
 Happy new year!」と言っていました。
届いたメールの中にも、Happy new year! から
始まっているものがいくつかありました。

 

さて、この Happy new year!、
実は使い方にはちょっと注意が必要です。
挨拶のときは、冠詞の “a” は付けない
ということを知っておいてください。

 

誕生日に ” A happy birthday!”() とは言わないですよね。
単に ” Happy birthday ! ” (○)ですよね。

それと同じで、” A happy new year!” ()とは言いません。

だから年賀状などでも、”a” は入れてはいけません。

でも外国では年賀状なんてありませんから、
届くのはクリスマスカードですね。

挨拶として使うなら、”a” 抜きです。

” Good morning. ” もそうですね。

冠詞 “a” が付くと、途端に何かの名詞を
文章の中で使っているような感じになってしまうんですね。

だから “a happy new year” と言うと、
その続きがあるような感じに受け止められてしまうのです。
なので挨拶の場合、”a” 付きは NGです。

 

でもこれをカードなどの文章の中で使うときには、
“a” が必要になります。例えば、こういう風に。

I wish you a happy new year.

 

挨拶は決まり文句です。
日本語の「いただきます」「ごちそうさま。」のようなものです。
なので定番表現として覚えてしまいましょう。

 

Happy birthday!
Happy new year!

簡単ですね。

 

私がどうやって29歳から英語を勉強し直し、

今に至ったのかの勉強法については、

こちらのPDFにまとめています。

040t

★ 「英語を使えるようになるための学習法」無料プレゼント

 

ダウンロード

ダウンロードはこちらから

 

記事が楽しめましたら、クリックして、応援していただけますと、嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

★ iPhone & アンドロイド無料アプリ
絶対話せる!英会話。アメリカから英会話&英語攻略法をお届け。
絶対話せる!英会話。(無料)
アメリカから英会話
   &英語攻略法をお届け。
 

あわせて読みたい

  1. 478.be_off_to
  2. 265-2.May_I
  3. ID-10021485
  4. 469.spoiler
  5. 32.goodnight
  6. Hurricane of work - man version with boss order

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP