絶対話せる!英会話

英語で「あんたじゃ、話にならないわ。」は何と言う?

この記事は2分で読めます

こんにちは、ゆいたです。

先日、金曜日の午後、
もうすぐ仕事が終わるので、
事務所の皆が一番うきうきしている頃、
私の隣の席の彼女が、
突然大きな声でこう言いました。

” Can I speak to your manager? “

「ちょっとマネージャーに代わってくれる?」
ということですが、
この日の彼女の心の声は、こうではなかったかと。

「あんたじゃ、話にならないわ!」 と。

あまりに声が大きかったので、
私と、彼女の後ろに座っている彼が、
くるっと彼女の方へ振り向きました。
いやー、彼女がこういうこと言うのって、
本当に珍しいんですわ。
私ならともかく。^^
で、とっさに近くにいた二人が驚いて振り向いた、と。

電話口で時々、不機嫌そうにする私と違って、
彼女は笑いながら、無理難題を述べて、
その条件を相手に呑ませたり、
話を前に進めるのが、本当に上手なのですね。

彼女はアメリカ人なのですが、
アメリカ人にしては辛抱強い人だな、
と私がいつも思うような人なのです。
そして笑顔が素敵でナイスバディ。
(ま、Body は関係ないですね。)

で、そんな彼女が、彼女らしくもなく言った言葉
だったので驚いたのです。
と、同時に、やっぱり彼女もアメリカ人だったのね、
と思いました。

アメリカではですね、
店員やカスタマーサービスのオペレーターに
気に入らない態度をされたりすると、
こうやってすぐに上の人を呼ぶのです。
前にこの記事で話しましたね。

そしてマネージャーがやって来ると、
それまでこじれていた話がスムースに進むことが多いのです。
皆もそれを知っているから、
すぐにマネージャーを呼びたがるのですね。

私も相当、カスタマーサービスには
失礼な態度をされ続けてきましたが、
昔は一度も「 マネージャーを呼んでよ!」
と言ったことはありませんでした。

なぜなら昔は、話が通じないのは、
自分の英語のせいかもしれないと思っていたから。
でも今は違います。^^
今では、なめられたら、あかん!と思っています。^^

と言うわけで、アメリカで失礼な態度をされたら、
強気に行きましょう。
「 マネージャーを呼んでくれ!」 ですよ、皆さん。

アメリカ生活、強気が基本です。
日本で働いていたとき、同僚のアメリカ人に
「もっと aggressive にならないと、
アメリカではやっていけないよ。」と言われていたのですが、
今じゃ、多分私、aggressive 性、十分合格点ですわ。ほほほ。

本日の記事がお役に立ちましたら、下のアイコンをクリックしてください。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

あわせて読みたい

  1. “How are you?” の答えは ?

    2012年12月3日5:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP