絶対話せる!英会話

英語で「豆まき」を説明する。

この記事は2分で読めます

こんにちは、今日は節分ですね。
アメリカではもちろん豆まきなんてしませんが、
我が家では行います。^^

しかし豆まきの習慣がない人たちに、説明をするのは大変。
自分で節分の意味が分かっていないと、説明すらできないので、
復習しました。

私が節分で、未だに覚えているのは、小学校の国語の教科書。
節分は春の訪れ(立春)の前の日と出てきて、
子供ながらに「へぇー。」と思ったことを、今でも覚えています。
正確にいうと、立春・立夏・立秋・立冬の前日のことらしいですね。
でも今は、主に立春の前日を、
(the day before the beginning of spring)指すようです。

Wikipedia によると、節分の豆まきは、
季節の変わり目には邪気(鬼)が生じるので、
それを追い払うための行事とのこと。
で、鬼に豆をぶつけて、邪気を追い払い、
一年の無病息災を願うようです。

立春は、二十四節気の一つ。
そして二十四節気の概念は、元々中国からやってきたもの。
で、中国語のウィキペディアも見てみました。
それによると、節分は、日本での季節の変わり目を指す、
また日本ではいろいろと伝統的な行事がある、と書かれているので、
節分の概念は、日本で出来上がったものかもしれないですね。
今度会社で中国人同僚に聞いてみようと思います。

また、「豆まき」はもちろん西洋文化にはないので、
そのまま直訳されて、soybean-throwing ceremony
と呼ばれているようです。
意味や文化を理解せずに、言葉だけの「豆まき」を捉えると、
何だか日本人はおかしなことをする人たちだな、
と思われそうですね。

で、「鬼」は、devil とかに訳されますが、
日本の鬼は、必ずしもひどい鬼だけではありませんよね。
「赤鬼と青鬼」の話もありますし、
時には心を改める鬼も昔話に出てきます。

私の友人もそう思っていたようで、彼女は「鬼」を
imaginary monster」と訳しました。
なので、私もそのアイディアをいただきました。
「imaginary monster の1つ」と言った後に、
devil や evil spirit であることも多いけれど、
ときには人間のように振る舞う、と私は説明しています。

外国の人に文化を説明するときに、気を付けないといけないのは、
たとえ同じ単語でも、「自分の中のイメージ」と
「相手がその言葉に持つイメージ」は違う、ということです。
一致しないということがあるということを理解した上で、
少しでもおかしな誤解を持たせないためには、
どうやって説明すればいいのかを考えることが大事です。

こういう文化的なものは説明するのが難しいですね。
だって皆さん、「鬼って何?」って、考えたことあります?
私はなかったですねー。
私の場合は、子供のころから絵本とかで沢山鬼が出てきて、
そして段々とイメージが膨らんでいった感じです。

同様に、私も西洋文化をうわべでしか見ていなかったので、
アメリカにやって来るまで、
どれだけ西洋文化がキリスト教に影響を受けているのかを
測り知ることはできませんでした。
最初はかなりのカルチャーショックでしたね。
宗教はここまで人の生活に入り込んでいるのか、と。
多分アメリカにいる熱心な信者にとっては、
日本人の多くの人のような無神論者って
考えられない社会だと思います。

文化を説明するときには、間違ったイメージを植え付けないように、
話し始める前に私たちもよーく学習しましょうね。

それではー。

下の応援ボタンを押していただけますと、嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

あわせて読みたい

  1. 475.ittekimasu
  2. ID-10053388
  3. Hurricane of work - man version with boss order
  4. ID-10044050
  5. 3d man with speech bubble

    “How are you?” の答えは ?

    2012年12月3日5:00

  6. 32.goodnight

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP