絶対話せる!英会話

388. 「What’s that?」目に入ったものが、何かを聞く。

この記事は5分で読めます

今日も昨日の続きで、あなたの英語学習の
「ツール」 となってくれるフレーズを紹介します。

「ツール」とは、Lonsdale 氏のTEDのビデオ
「6ヶ月で言語をモノにする方法」 の中で、
「言語をモノにするためのアクションの一つ」
として紹介されていたものです。

 

昨日は、Lonsdaleさんの 「アクション4」 の
スライドの一番最初に出ていた
「What is this?」 を取り上げました。

何のことだかわからない人は、
こちらを見ておいてくださいね。「行動4」です。

 

さて、昨日の「What’s this?」
もう読んでいただけました?

What’s that?

 

さて、今日は2つ目のツール。
それは、「What’s that?」。

私は、これほど使える英語フレーズはないと思います。

 

簡単すぎて、私はすっかり紹介するのを
忘れていましたが、よく考えてみたら、
これを使わない日はないです。^^ 「それは何ですか?」です。
多分ほとんどの人が知っていると思います。

 

今日は、実際にはどういう風に使われるのか、
感じ取ってください。 まず一つ目。

(1) 相手の持っている物が目に入ったとき

 

◆ 我が家の会話。買い物から帰って来て、
私が台所で買ってきたものを片付けていました。
我が家のネイティブキッドも、最近は重いモノを
運べる歳になったので、リビングからキッチンへ
せっせとスーパーの袋を運んでくれます。

あ、ところで、スーパーの袋のことを、
英語では何て言うか、知っていますか?

 

日本語ではお買い物袋やビニール袋と言いますが、
英語では違います。
英語では、「a plastic bag」 と言います。

スーパーで買い物をすると、袋詰めしてくれる人に、
「Paper or plastic?」 と聞かれます。
初めて聞いたときは、「何だ?」 と思いましたが、
何てことはない、 「どちらの袋に入れますか?」
と聞かれているだけです。

 

さて、そうやって袋を運んでいたネイティブキッド、
私の手の中に見かけないものを、見たようです。
で、こう言いました。

 

★ What’s that?

「それ、なあに?」

 

昨日の例のように、自分の手に渡されたものや、
目の前に差し出されたときには、
「this」を使いましたが、
今日は「this」 が 「that」 に変わります。
こういう風に 【相手が持っている場合】は、
「What’s that?」 になります。

 

私が持っていたのは、何てことはない、
日本のお菓子でした。^^
見たことがないパッケージだったみたいですね。

 

日本語では、「それ、何?」 となるので、

「it」 としてしまう人もいるかもしれませんが、

この相手が持っているものに対して、

「それ、何?」 は、「that」 を使います。

 

◆ドラマでもこのセリフは、よく出てきます。
先日見ていたドラマでは、警部とその部下が
話をしているシーンで出て来ました。
二人で部屋の中で会話をしていたところ、
さらに下っ端刑事らしき人が、部屋へ入って来て、
刑事へファイルを渡しました。

それを見た警部、指を指して聞きます。「それは何だ?」

 

★ What’s that?

 

◆ また別のシーン、今度は殺人現場です。
一人の刑事が、被害者が何かを
握りしめているのを見つけ、
それをそうっと取り出しました。
すると、それを見ていた同僚刑事、
こう聞きました。「それは何だ?」

 

★ What’s that?

 

で、刑事はこう答えます。
「Looks like a coupon.」
「クーポンみたいだけれど。」

 

◆ 別のドラマでは、こんなシーンで。
とある男性が、心理学者にインタビューを
される場面です。心理学者と助手が、
男性と同じテーブルに座りました。
すると、男性の真向いに座った助手が、
何やら見たことのない装置を、
テーブルの上に置きました。

そこでインタビューされる人は、聞きました。
「それ、何ですか?」

★ What’s that?

 

で、助手は答えます。
「It’s a voice stress analyzer.」 。
イヤなインタビューですね。^^

 

◆ 今度は相手が実際に持ってはいないものの、
相手がやっていることを見て使われた場面。
主人公と友人はルームメイトです。友人は、
さっきから何やらカタカタとずっとタイプしています。
ブログの更新をしているのでした。

何を書いているのか、後ろから覗き込んだ主人公。
友人は、こんな文字を入力していました。
「The Geek Interpreter」。
それを見て、主人公はこう言いました。

 

★ Geek Interpreter, what’s that?

 

「オタクな解釈者?何だよ、それ?」
すると、友人は、「タイトルだよ。」と答えました。

「What’s that?」 どういう風に使われているのか、
何となくわかりました?
ここまでは、全部、相手が持っているもの、
相手の持ち物を見ての質問でした。

でも、相手の持ち物以外でも、もちろん使われます。
今度は、

 

(2) 自分からも相手からも離れているものを見たとき

 

◆ こんな場面を想像してください。あなたは今、
イタリアを旅行中です。地元の人に、町を案内されています。
目の前に大きな古い門みたいなものが見えてきました。
とても歴史がありそうな立派なつくりです。
そこであなたは、指を指して聞きました。
「あれは何ですか?」

★What is that?

 

388.whatsthat

 

 

◆ ドラマのこんなシーンでも。主人公と友人が、
謎解きのために知らない土地へやってきました。
地図を見ながら、散策をする二人。
主人公は丘の上に登っています。
すると遥か遠くの方に、何やら少し変わった建物が見えました。

で、主人公はその建物を指差して、
地図を持っている友人に聞きました。「あれは、何だ?」

 

★ What’s that?

 

これだけ例を挙げれば、「What’s that?」 が、
どういう風に使われるのかがわかりました?

 

(1) 相手が持っているものが目に入って、
「それは何?」と聞く。

 

(2) 自分からも相手からも離れているものを
見て、「あれは何?」と聞く。

 

どちらも「指を指して、それ何?」と
聞くような感じですね。
相手が明らかに持っているものなら、
わざわざ指を指す必要はありませんけれど。
そのモノを見ながら、「それは何?」 と聞けば、
その視線の先にあるものについて聞いているのは、
わかりますから。

 

今日は、何かを【見て】の「それ、何?」
について書きました。実は「What’s that?」 は、
見る以外でも使われます。
明日はそれについて書いてみますね。

誰でも知っている「What’s that?」 でしょうけれど、
場面に応じてきちんと使いこなしてください。

 

Lonsdaleさんの「6ヶ月で言語をモノにする方法」
でも言っていました。これらの「ツール」 となる言葉は、
言語を学び始めたら、第1週目に学ぶものである、と。
言語習得の達人が言っていることなので、
素直にその通りにやってみてください。

 

この記事は以下の記事からの続きになっています。

[ 1 ]  「What’s this?」

[ 2 ] 「What’s that?」目に入ったものが、何かを聞く。(この記事です。)

[ 3 ] 「What’s that?」は、聞いても使う。

 

こちらも読んでおいてください。

 【 1 】6ヶ月で言語をモノにするための5つの原則。 (前編)

 【 2 】6ヶ月で言語をモノにするための7つの行動。(後編)

 【 3 】日本人が英語を聞き取れない6つの理由。

 【 4 】英語の音を聞き取る究極の方法。

 【 5 】発音練習こそが、英語リスニングの鍵。

 

 

私がどうやって29歳から英語を勉強し直し、

今に至ったのかの勉強法については、

こちらのPDFにまとめています。

040t

★ 「英語を使えるようになるための学習法」無料プレゼント 

 

ダウンロード

ダウンロードはこちらから

 

記事が楽しめましたら、クリックして、応援していただけますと、嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

★ iPhone & アンドロイド無料アプリ
絶対話せる!英会話。アメリカから英会話&英語攻略法をお届け。

絶対話せる!英会話。(無料)
アメリカから英会話
&英語攻略法をお届け。

あわせて読みたい

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP