絶対話せる!英会話

231. 夢と目標の違い。

この記事は3分で読めます

今日は、目標を設定する際の
注意事項について書いてみようと思います。

英語の学習を始める前に、
目標を持つことはとても大事です。
なぜなら目指す方向もなく、英語を勉強しても、
やる気が続きませんし、
達成感も味わえないからです。

それに進む方向が見えていないと、
あっちへ行ったり、こっちへ行ったり、
使えるようになるまで遠回りになるからです。
かつての私がそうでした。

なので、英語の勉強を始めようと思ったのなら、
まず具体的に何をしたいのかを
はっきりとさせることが大事です。
そこが定まれば、
自然とやるべきことがわかってきます。

で、今日はここに一つだけ、その目標設定に
注意事項を加えたいと思います。

それは、最初から、あまり大きすぎる
ゴールばかりを見過ぎない、ということです。
もしも今、現在のあなたと、
そのゴールまでの道のりが遠いと思われるのなら、
その道のりの途中に、具体的な中継地点を
たくさん作ってください

要は、小さなゴールを道の途中に
設定しておくということです。

あまりにも遠すぎるゴールは、
いつまで経ってもなかなか近づいてきません。
そうすると、達成感も得られずに、
途中であきらめてしまうことになります。

これがどういうことかと言うと、
たとえばあなたが野球を始めたばかりの
小学生だとします。そして将来は大リーガーになる、
という目標を立てました。

これ、具体的な目標になると思いますか?

これはこれで素晴らしいと思いますが、
一体何をまずしたらいいのか、
ちょっと道のりが長すぎて、ピンとこないと思いませんか?

英語でも同じです。たとえばあなたが今、
英語の勉強を始めたばかりなら、
上の例の小学生と同じです。いきなり
「アメリカ人と(英語ネイティブレベルの)日常会話が
できるようになる」と目標を設定するのは、
少し漠然としすぎて具体的ではない
ということがわかりますよね。

そこまでたどり着くには、まず何をしたらいいのか
がわからないでしょう。そして
「ゴールと現在の自分の位置との開き」
が大きすぎて、進歩をなかなか
感じることもできないでしょうね。

英語を使いこなせるようになるには、
少なくても数年はかかります。なので、
大きな目標があったら、そこにたどり着くためには、
具体的に何をしたらいいのかを考えましょう。
そして小さな中継地点をたくさん立てるのです。

231.goal

英語は、私のサイトのこの記事でも書いたように、
横幅の長い階段を昇るようなものです。
毎日続けていると、とある日に「あ!そっか」と
少しわかる日がやってきます。
そうやって一段上がることができます。

でもこの横幅が、結構長いのですね。
そして大抵の人が諦めてしまうのは、
進歩が感じられないこういうとき。
もう少し頑張れば、一歩上へ行けたかもしれないのに、
努力が無駄に終わってしまうのは、とても残念です。

TOEICや英語検定のような試験で
好成績を目指しているのなら、
それはとてもわかりやすい身近なゴールです。
やらなければならないことも、決まっています。
こういうわかりやすいゴール設定なら、
進みやすいものです。

問題集を買ってきて、徹底的に
問題の分析や頻出単語や文法などを
丸暗記してしまうのが近道でしょう。
でもそれが実際に使える英語として、
あなたの身につくかどうかは、その後次第ですが。

最近私の元へ寄せられるメールで
気が付いたのですが、皆さん最初から
かなり高いレベルを目指しているのです。
「映画を字幕なしで理解する」
「日常会話をこなす」など。

英語を話せない人は、
よくわかっていないようなのですが、
日常会話って、英語でスピーチをするよりも、
英語だけで仕事をするよりも、
英語圏の大学を卒業するよりも、
学術論文を読むよりも、難しいのです。
なぜかと言うと、たくさんの分野のことに関して
いろいろな知識を持っていないといけませんから。

今、勉強を始めたばかりの人が目指すには、
漠然として遠すぎる目標だと思います。
もう少し具体的に考えてみましょう。
仕事で使いたいのか、
旅行で困らない程度になりたいのか、
具体的に会話で何を伝えたいのか。
日常会話がゴールとは、守備範囲が広すぎます。

そこを目標にしてもよいのですが、
遠い目標設定の場合は、必ずいくつもの
中継地点を作ってくださいね。
そして達成するごとに、
必ず自分にご褒美をあげましょう。
小さな達成感の積み重ねが、前へ進む原動力になります。

遠すぎる夢を見て圧倒されて、
全然近づく気がしないよりも、
まず目標を立てたら、そこへどうやって
たどり着けるのかをあなたなりに考えてみてください。
そして小さなゴールをいくつも立てる。
これが英語の勉強を長続きさせるコツです。

夢と目標は、違います。
大きな夢を見てもいいですが、
具体的でないと、それを目標とは言えないと思います。

目標とは、絶対にかなえると心に誓うことです。
「こうなったら、いいなぁ」は単なる夢であり、
「絶対に、いついつまでにこれを実現する」
具体的なプランが作れるものが、目標です

大きすぎる目標でも、もちろん構わないのですが、
しっかりとそこまでの道のりの把握、
そこに達するには、何をしないといけないのかを
考えてみてくださいね。

 

★ 私の無料メール講座【使える英語学び塾】では、
私が実際にやってみて効果のあった英語勉強法など、
私が日本で英語を勉強していたときに
「まさにそれが知りたかった」という情報を、
メール講座ではお届けしています。

日常生活でよく使う表現、
また英語を話すのに欠かせない英文法を、
どうしてその表現を使うのかの

ネイティブ感覚を伝えながら解説しています。

また、表では書けないアメリカ社会の
裏側などについても時々書いています。

ぜひこちらから登録してみてください

★ この記事は、私の無料iPhone英会話アプリと同じ内容です。

本日の記事が楽しめましたら、下のアイコンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

あわせて読みたい

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!