絶対話せる!英会話

184. 「6時間ごと」って英語で言える?

この記事は2分で読めます

毎日どこかで聞く「every」。
日本にいたときには、こんなに「every」が
よく使われているとは知りませんでした。

さて、皆さんが「every」で
すぐに思いつくのは、何でしょう?

やっぱり「every day」でしょうか。
今日は、「every」をよく理解するために、
ちょっとこれを分解してみようと思います。

 

「every day」は、「every」が
「毎~」「~ごと」という意味なので、
「毎日」になるわけですね。

そんなこと中学校で教わったときには
考えたこともなく、ただ「every day」は、
「毎日」と丸暗記していました、私。^^

 

184.every

 

「every」という言葉は、
「どれくらいの頻度で何かが起こる」
「どれくらいそれらがお互いに離れているか」、
特にその離れている期間が、
定期的なときに使われます。

「day」というのは、
毎日定期的に24時間ごとに区切られている、
つまり離れていますね。
その定期的に離れている「day」に「every」がつくと、
「その日ごと」という意味になります。
それで「毎日」になるのです。

 

「every morning」「every night」も同様ですね。
「朝ごと、夜ごと」で、「毎朝、毎晩」という
意味になるわけです。

 

「every」は、「定期的に離れているという期間」。
これを頭に置いておけば、
「6時間ごと」「一日おき」「一週間おき」も、
何て言えばいいのかが、わかってくると思います。

 

まず「6時間ごと」。
これは「6時間を一定の期間」とみなせば、
いいわけです。ですから

 

☆ every six hours

 

次に「1日おき」。
これは「1日おきごと」ということ。
つまり「2日ごとに1回」ということです。
ですので、この「おき」「2日目」に
あたる部分を補ってあげます。

これには「other」を使います。
「other」は、まだ他にあるものを表します。
そこから二つ目という意味を持ち、
「2日ごと」は「other day」になります。

これを「一定の期間」と捉えると、
「一日おき(ごと)」はこうなります。

 

☆ every other day

 

同様に「一週間おき」は、

☆ every other week

 

わかりました? こうやって「every」の意味を
じっくりと考えてみると、
「every day」「every month」「every year」
などの意味も、すっきりとわかってきますね。

 

つまり「一日ごと」「ひと月ごと」「一年ごと」、
それで毎日、毎月、毎年になっているわけです。

 

今日出てきた言い方は、
今日中にマスターしてしまってくださいね。

every についての記事はこちらもどうぞ。
・ 「いつもじゃないよ、時々ね。」
・ 「every time」 の2つの意味。
・ 「すべてをよく覚えている」
 すべてを表す「every」
  
「大したことじゃない。」は英語で何て言う?

 

 

私がどうやって29歳から英語を勉強し直し、

今に至ったのかの勉強法については、

こちらのPDFにまとめています。

040t

★ 「英語を使えるようになるための学習法」無料プレゼント

 

ダウンロード

ダウンロードはこちらから

 

記事が楽しめましたら、クリックして、応援していただけますと、嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

★ iPhone & アンドロイド無料アプリ

絶対話せる!英会話。アメリカから英会話&英語攻略法をお届け。

絶対話せる!英会話。(無料)
アメリカから英会話
&英語攻略法をお届け。

あわせて読みたい

  1. 133.runningoutoftime

    133. 皇太子も時間切れ。

    2013年11月10日1:20

  2. 185.newyear
  3. 129.time2
  4. 148.takecareof
  5. 128.thetime
  6. ピンクのワンピースを着た可愛い女性 案内

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP