絶対話せる!英会話

40. 「わかったよ。」を二単語で言うと?

この記事は2分で読めます

今日は英語を話すときに、
おそらく一番使われているのでは
ないかと思われる単語『get 』について。

『get』の主な意味は、
gain (獲得する、得る)、
obtain (手に入れる)、
receive (受ける)などです。

もちろん他にもいろいろな意味があります。
沢山意味があるからこそ、
おそらく英語で一番使われる単語なのでしょう。

しかも『get 』は、面倒なことに、
5文型の全部の形で使えます。
簡単に見える動詞だけれども、奥が深い、
そんな単語が『get』です。

◆ さて、私と同僚の間でもっともよく
『get』が使われるのは、こんな会話です。

「今日、これが届くんだって。
受け取ったら中身を確認して、私に伝えてね。」

「了解。」

さて、同僚がいつも私に言うのは、

☆ I got it.  (Got it.)

何て簡単な言葉なのでしょう。
でも私は、こういう使い方を、
日本の授業で習った覚えがありません。
Informal な使い方なので、
教わらなかったのかもしれません。

40.gotit

◆またこういう感じでも使えます。
生徒が先生に何かを言いました。
すると先生が生徒に向かって、
「そう、それが答えだ。わかったみたいだね。」と
言いました。これは、

☆ That’s the answer.  You got it.

これは、『You understand it. 』
『 You are right.』のような意味になります。

 

◆ また別のシーン。
上司が「これも今週中にやってくれないか。」と
同僚に頼みました。同僚は、
「ほかにも案件を抱えていてできそうにないのですが、
誰か他の人にお願いできませんか?」と言いました。

すると上司、「今週は皆、出張とミーティングで
手一杯なんだ。」と答えました。
諦めて同僚が言ったのは、
「じゃ、僕がやるしかないのですね。」
「そういうことだ。」と上司。

このときの「そういうことだ。」は、

☆ You got it.

「そう、君がやるしかないということを、
君は分かったみたいだね。」
「理解できたみたいだね。」という意味です。

現在形の『get it』も聞きますね。
『Do you get it?』の
『Do you』が省略されている形で。

簡単だけれど、日本人の間では、
なかなかとっさに出てこなさそうな表現ですね。

インフォーマルな言い方ですが、
同僚同士、そして私の上司と同僚の間では
使われています。

★ 上の英文の英語ネイティブの音声は、
このウェブサイトで聞くことができます。
アメリカ人ネイティブスピーカー」による音声です。
リピーティング、リスニング、音読に役立ててください。
こちらからアクセスしてください。

★ この記事は、私の無料iPhone英会話アプリと同じ内容です。

本日の記事がお役に立ちましたら、下のアイコンをクリックしてください。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

あわせて読みたい

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP