絶対話せる!英会話

38.「驚いた!」と「驚かせる」も間違えない。

この記事は2分で読めます

昨日は、「興奮した!」と
「興奮させる」の違いについて
話したので、今日もまた
似たような使い方をする
分詞について書いてみます。

[1] 「興奮した!」と「興奮させる」を間違えない。
[2] 「驚いた!」と「驚かせる」も間違えない。(この記事です。↓)
[3] 「ショックを受けた」と「ショッキングなニュース」の違い。

◆ 「そのニュースを聞いて驚いた。」を
英語にしてください。

(1) I was surprised to hear the news.

◆ では、
「そのニュースは、私を驚かせた。」はどうでしょう?

(2) The news surprised me.

 

◆ 「それは、私にとって驚きだった。」

(3) That was surprising to me.

 

◆ もう一つ行きましょう。
「驚くほど沢山の人が、学校の前に集まった。」

(4) A surprising number of people gathered in front of the school.

『surprise』は、「(人を)驚かす」と
いう意味の他動詞です。
『surprised』は過去分詞形、
『surprising』は現在分詞形です。
元々の意味が「(人を)驚かす」なので、
受け身になると、「(人は)驚かされる」となります。

38.surprised

最初の例「ニュースを聞いて驚いた」は、

(1) I was surprised to hear the news.

「私は驚かされた」⇒「私は驚いた」となります。

2つ目の例は、

(2) The news surprised me.

他動詞の『surprise』の過去形。

3つ目と4つ目の例では、
『surprise』が現在分詞『surprising』になり、
「(人)を驚かせる」という形容詞になっています。

(3) That was surprising to me.

(それは、私にとって驚きだった。)

(4) A surprising number of people gathered in front of the school.

(驚くほど沢山の人が、学校の前に集まった。)

過去分詞形と現在分詞形の形容詞の使い方の違いが
少しお分かりいただけましたでしょうか?

なかなか細かいところが分からない場合は、
最初は丸暗記してしまってもよいと思います。

私は teenager の頃から、
英語の歌詞を丸暗記していました。
なぜなら好きな歌手の歌を歌いたかったから。
文法の細かいところは、時々
丸暗記してしまった歌詞が助けてくれます。
ですので理屈(文法)が分からない場合は、
そのまま覚えてしまいましょう。
何回も似たような例を見ていくうちに、
段々と感覚的に分かるようになりますので大丈夫です。

3回シリーズになっていますので、以下の記事も見ておいてくださいね。

[1] 「興奮した!」と「興奮させる」を間違えない。
[2] 「驚いた!」と「驚かせる」も間違えない。( ↑この記事です。)
[3] 「ショックを受けた」と「ショッキングなニュース」の違い。

★ 上の英文の英語ネイティブの音声は、
このウェブサイトで聞くことができます。
アメリカ人ネイティブスピーカー」による音声です。
リピーティング、リスニング、音読に役立ててください。
こちらからアクセスしてください。

★ この記事は、私の無料iPhone英会話アプリと同じ内容です。

本日の記事がお役に立ちましたら、下のアイコンをクリックしてください。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

あわせて読みたい

  1. 59. 同意を表す「I know.」

    2013年8月28日12:14

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP