絶対話せる!英会話

17. 日本人が英語を話せるようになる方法。

この記事は3分で読めます

今日は、純国産の私でも、
実際に何をしたら
英語が話せるようになったか
について書いてみます。

◆取り入れた勉強法

 

10年以上黙々と英語を勉強しても、
英語が話せなかった私は、
従来の勉強に、以下の3つを加えました。

・発音練習
・ディクテーション
・音読

 

発音練習で英語を聞き取れるようになり、
ディクテーションで勝手な思い込みを正し、
そしてひたすら音読をしました。
英語を英語のまま理解できるようになり、
使える英語表現がすらすらと出てくるようになったのは、
音読がきっかけでした。

 

◆英語の勉強で最も効果があるのは、【音読】

 

音読は私の10年以上に及ぶ英語学習歴の中で、
もっとも効果がありました。

もし誰かに
「何をしたら英語が話せるようになりますか?」
と質問されたら、
迷わず「毎日、音読してください。」
と今は答えます。

それくらい強力です。

 

Young woman holding sign Do


◆何を音読したのか

 

私は映画を選びました。
ある程度英語を勉強してきた人には、
映画が一番です。

初心者の人は、音声付のテキストなどを
選びましょう。

映画は文法を理解していない人には
ちょっと難しいです。

でも根性があれば、
どうにかなることもお伝えしておきますけれど。

自分が感情移入できる映画を選びましょう。

 

でも初心者の人は、Toy Story などの
子供向けの映画から始めるのがいいと思います。
Toy Story だって、十分感情移入はできます。^^

 

子供向けの映画は、まず言葉がハッキリとしていて
聞き取りやすい。スラング等があまり使われていない。
多くの日本の人が言い表すことができない
日常で使う言い回しがたくさん使われています。

 

ま、でも、私が選んだのは、
Legally Blonde」。
日本語では「キューティブロンド」ですね。^^

 

お気に入りのワンシーンを選び、
(ちなみに最初にやったのは、卒業式のシーン)
そのシーンを画面に合わせて、ひたすら音読をしました。

すると、200回ほど音読したとき、
変化が現れました。

私の中で何かがペキッと来た瞬間でした。

 

◆ 音とセリフと、自分の感情が重なるということ。

 

さて、その「ペキッ経験」の後、
私は突然、英語が英語のまま理解できるようになりました。

 

そのまま私は、ヒロインになりきって音読を続け
最後にはもはや音読ではなく、
一人芝居の域まで到しました。

私はちなみに、その「ペキッ経験」の後、
音読を続け、そのシーンを1000回ほど
音読(演技)をしました。
記録をつけていました。^^

そうして一つのシーンが終わったら、
次のシーンへ。

 

そうしてモノになる英語表現を
次々にマスターしていったのでした。

ここまでやると、ヒロインの感情は、
そのまま自分の感情になりました。
もう見事に演じ切っていたわけです。

すると、もう完全にそのセリフは、
自分の心から発する自分自身の言葉となっています。

これが英語が話せるようになる秘訣でした。

 

私はこれを「映画なりきり音読」と命名。

この方法は、私が長年ダメだった
リスニング、スピーキングを、
たった数か月で矯正してくれました。

 

驚きの体験でした。

映画を真似して一人芝居。
「映画なりきり音読」は、
日本人にとって最強の英会話上達法だと思います。

 

長年、勉強をしているのに話せない
という人には、最高の練習方法です。

何年もあちこちに手を出して
寄り道をするより、2ヶ月くらい集中して
やってみることをおススメします。

この記事は以下の順で続きになっています。
具体的なやり方については、(2) へ進んでください。

 

(1)  日本人が英語を話せるようになる方法。(↑この記事です。)
(2)「映画なりきり音読」の下準備。
(3)  英語の音を正しく認識する訓練法。
(4)  究極の英語マスター方法「映画なりきり音読」
(5)「映画なりきり音読」の実践

 

本日の記事がお役に立ちましたら、下のアイコンをクリックしてください。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

あわせて読みたい

  1. ID-10062819
  2. 51.lookingforyou
  3. 48.help
  4. 32.goodnight
  5. 62.knowabout
  6. 19.what_if

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP