絶対話せる!英会話

「伝えたいこと」があるから、その言語を話す。

この記事は2分で読めます

昨日の土曜日は、親戚のお婆ちゃんの
80歳のお誕生日パーティへ行ってきました。
実は私は、彼女の家の裏の離れに
2年近く住んでいたことがあり、
いろいろとお世話になったのでした。

しかーし、実は彼女は
スペイン語しか話せません。^^;
アメリカに50年近くいるはずなのですが、
全く英語を身につけようとしてこなかったのです。

で、アメリカ国籍を取得するときのテストでは、
「I love the United States.」だけを言って、
パスしたと、もっぱら親戚中の噂。^^

2014-05-027

 

2014-05-24 19.23.40

パーティでは、何人かが
彼女に向けてマイクでスピーチをしました。
すると急に私の名前も呼ばれたので、
とりあえずトコトコと前へ出て行くことになりました。

で、私、短いものでしたが、
とっさにスペイン語でスピーチしました。パチパチパチ。

ほとんどの人がスペイン語と英語のバイリンガルでしたが、
肝心のおばあちゃんが私の言ったことを
理解できないのなら、スピーチの意味がありません。
そこで短くても、お祝いの文章をとっさにスペイン語で考え、
頭の中からひねり出しました。

結果として、「Yuitaがスペイン語を話した」
ということで、好評でした。^^

2014-05-042

やっぱり言葉は伝えてナンボです。
下手くそでも短くても、
その言語でしか伝えられないことがあるから、
私たちは言語を学ぶのだと思います。
言語は上手下手だけの問題ではありません。
「伝えたいことがある」、ここが基本です。

急に英語が上手になった、TOEIC での点数が上がった、
そういう人の特徴は「仕事で必要になったから。」
という回答が多かったそうです。

言語の習得に一番必要なのは、
やっぱり待ったなし、の状態にいる人ですね。
仕事で必要なら、
「伝えないといけない」ことだらけでしょうから。

2014-05-050

昨日の私の状態もそうです。
伝えたいことがあったから、下手くそだろうが何だろうが
その言語を使ったのです。

英語を勉強したいと言う人は、
この「伝えたいことを伝える」のが
言語を学ぶ基本になっているということを
いつも忘れないでくださいね。
それがあるから、私たちは言語を学ぶのです。

英語がうまく話せる話せないよりも、
話したいことがある、
コミュニケーションしたいことがある、
ここが言語を学ぶときに、とても大事なことです。^^

本日の記事が楽しめましたら、下のアイコンをクリックしてくださいね。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

あわせて読みたい

  1. ロサンゼルスでの休日。

    2013年8月19日22:05

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP