絶対話せる!英会話

「Hello」を「Hell」と書いた大失敗。

この記事は1分で読めます

私、先日、オフィスで、
とんでもない間違いを犯しました。
間違いと言うか、単なるtypo (=タイプミス)
だったのですけれど。

メールでHello Matt, (こんにちは、Matt)
と書こうとして、Hell Matt, (くそ!Matt)
と書いてしまいました… (-_-;)

ああいう間違いって、読み返しているときには
気付かないくせに、送った瞬間に気づくものです。
今回もそうでした。

うわー、と思った時には既に時遅し。
メールは無情にも送られてしまいました。
慌てて、詫び状メールを送りました。
社内の人宛でよかったー、と胸を撫で下ろしました。

社外の人にメールを送るときには、
絶対にHello で始めるのを止めようと思った瞬間でした。
たった一文字「o」を落としただけで、
完全に違う意味の言葉になってしまう。
「Hello」も恐ろしい単語です。
ま、自分が不注意だっただけなのですが。

さてこのHell。
ま、いろいろと悪態をつくときに使われる言葉なのですが、
“To hell with ○○.” や”The hell with ○○.”という形で、
「そんなこと知ったことか!」「くそ!」
というときに使われます。
実際に周りで聞いたことはありませんが、
映画の中では時々出てきます。

でもこういう言い方は時々聞きます。
” What the hell was that? ”
一体何なんだ?と苛立ちを表す時に使われるのですね。
でももちろん私はそんな言葉は使ったことはありませんが。

とにかくとても悪い言葉です。
間違っても私のようなタイポをしないように
皆さん、くれぐれも気を付けてくださいね。

それでは、また。

下の応援ボタンを押していただけますと、嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

あわせて読みたい

  1. アメリカの結婚式。

    2014年5月12日10:52

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!