絶対話せる!英会話

アメリカ小学生の前置詞の学び方。

この記事は2分で読めます

我が家のネイティブキッド、
アメリカ小学4年生は、
歌で前置詞を覚えさせられました。

学校にもよるでしょうが、
(アメリカは学校による違いが大きい)
ネイティブキッドは4年生で初めて、
しっかりと前置詞を習いました。

どんな歌だったかと言うと、こんな歌でした。

何と歌っているのかを聞き取れるかどうか
動画を見てみてください。
最初の方は、ネイティブキッドが、
これからすることについて語っています。
そして少しだけ英語の解説もしています。

 

 

こういう歌でした。

学校からもらってきたプリントには、
PREPOSISIONS: と書かれていて、
その下にこの下の部分が並んでいます。

 

about
above
across
after
against

along
amid
among
around
at

atop
before
behind
below
beneath
beside
between
beyond
but (meaning except)
by
concerning
down
during

except
for
from
in
inside

into
like
near
of
off

on
onto
out
outside
over
past
regarding
since
through
throughout
to
toward
under

underneath
until
up
upon

with
within
without

ends
our
song

We 
know
the 
prepositions
tell
us 
about
positions.

This 
has
been 
our
preposition
song.

 

こういう歌でした。

歌って(唱えて)無理矢理覚えさせてしまうところが、
何となく日本の九九のような感じですね。
こうやってまとまっていると、
へぇー、こんなにあったのね、という感じです。^^;

 

この歌、日本語のように歌おうとすると、
絶対に歌えないと思います。
英語ってリズムと強弱が大事なのですね。
なので強いところは徹底的に強く、
弱いところは、ささっと速く歌う。
そうしないと字余りだらけになって歌えません。
試しに一緒に歌ってみてください。

 

この強弱の感じを掴めないと、
英語の音がなかなか聞き取れません。
強弱の感覚を掴むちょうどいい歌なので、
わが家のネイティブキッドと一緒に
練習してみるといいと思います。^^

 

それでは、また。

 

※私、ゆいたは、 

「英語が確実に上達する方法」
「ネイティブの英語感覚」をお伝えする無料メール講座
無料iPhone アプリ&アンドロイドアプリに加えて、
発行しています。

 

・日本の多くの人がすっきりと理解できていない文法や、
・似た単語の使い分け、また、
・私が実際にやってみて効果のあった英語勉強法など、

 

また、ちまたの文法書では知ることができない、
どうしてその表現を使うのかの「ネイティブ感覚」
もお伝えしています。

さらには皆さんからの質問にも、
英語ネイティブにインタビューして回答しています。

 

ネイティブ音声も、メール講座も
こちらからアクセスしてくださいね。

 

下のアイコンをクリックして、応援していただけますと、嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP