絶対話せる!英会話

脳が疲れる…。

この記事は1分で読めます

先日から細々と聞いている大昔のEnglish Networkの付録のCD。
ゆっくりなニュースから、やけに早口のニュースまで
いろいろと揃っている。電車の中でちょっとだけ聞き、
聞き取れないところは家で確認するようにしている。

しかし、早い言葉は本当に聞き取れない。
一瞬のはずんだような隙間に、よーく聞くと単語が入っている。
聞き取れないのは、that とか been とか got とか
have had の最初のhave とか。
そして-g や -t の音は、早口のときにはほとんど発音されていない。

雑誌にもシャドーイングをすることが勧められているので、
やってみる。(どちらかと言えばオーバーラッピングかな。)
が、早すぎて口が回らん。
かなり強弱をつけて、その強弱の勢いを借りて発音しないと、
スピードについていけない。
聞き取れなかった箇所を重点的に、オーバーラッピングしてみる。
10回では同じように発音できない、50回くらいやってみると、
ちょっとまともに。100回くらいやると、どうにかそれらしく聞こえる。

100回って書くのは簡単だが、やってみると、
この間、顔はくしゃくしゃになるし、手は使うし、
上半身をフルに使っている。口が回りにくいところでは、
目はつぶるし、眉間にシワが入ってしまう。
そして強く言うべきところでは、手が勝手に動いてしまう。

しかし一番疲れるのは、脳。
完璧を目指して100回発音しようとすると、明らかに脳がぐったりしている。

あらためて思った。使っていない顔の筋肉、
退化した脳の回路を鍛えるって、こんなにも大変なのね。
はっきり言って、この30分の練習は、一日の仕事よりも、
はるかに脳の疲労度が上だ。

信じられないが、こんな数分で脳がへとへとに疲れることがあるのだ。
冗談ではなく、今は目の前がくらくらしている。
眠いわけではないのだが、まぶたをきちんと開けているのもしんどいほど。
私の脳って、かなり弱っちいのか、
あるいはよっぽど使っていなかったのか。
軽く頭痛もしてきた。明日は知恵熱も出たりして。

音読とシャドーイングだけでこんなになってしまうなんて。
もうこれ以上は何もできん。寝よう。

あわせて読みたい

  1. 学んだこと。

    2005年9月21日0:00

  2. 最近気が付いたこと。

    2010年4月10日11:11

  3. 本代はケチらない。

    2005年12月23日0:00

  4. 単語の意味。

    2005年10月25日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP